この記事の続き1/2

小物・雑貨の記事

武富さん

記事数 16 参考になった 39
リビング

小物・雑貨

全 2 話
6年5ヶ月使用中
リビングにあるアイテム
  • 水槽
  • 水槽
  • 小物・雑貨
  • 収納ケース
  • アート
  • 扉・戸
  • 小物・雑貨
  • 収納ケース

第 1 話

last update : 2015.5.1 ハンドメイド
第 1 話

モルタルで植木鉢をつくる

うれしい

ネットで見た「モルタル製の植木鉢」に憧れて、作ってみたくなりました。

調べて見ると意外と簡単そうだったので早速チャレンジ。

しかしいざやってみると水の配合など
意外と難しい。

その植木鉢作りの前編です。

〈材料〉
・ドライモルタル
・水

〈道具〉
・牛乳パック
・プラスチックのカップ等(今回はコンビニで売っているコーヒーの空きカップを使用)
・かき混ぜ棒(私はプラスチックのスプーンを使いました。)

〈費用〉
・ドライモルタル約300円
・スプーン100円
・その他0円(家にあったもの)

〈所要時間〉
・(作業)約15分
・(乾燥)約2日

まず、型枠となる手頃なものを探します。

牛乳パックやコンビニの空きカップを適当な高さに切ります。

ホームセンターでドライモルタルを購入。
普通タイプと速硬タイプがありました。

値段は速硬タイプが50円ほど高かったのですが、とりあえず速硬タイプを購入。(早く完成させたいため)

説明を読む限り、乾燥時間以外の違いはなさそうでした。

モルタルと水を混ぜます。
とりあえず初めてなので、少しずつ慎重に・・・。

「モルタル1.3kgに対して水200mlが適量」と説明が書いてありましたが、

実際にその割合で混ぜてみるとすこし硬い気がしたので、少し水を多めに混ぜてみました。

あとはひたすらかき混ぜる・・・。かき混ぜること2~3分。

結構力作業です。

なめらかになった(気がする)ので、かき混ぜ完了。

粘土みたいなので色々と楽しそうですが、
アルカリ性が強いので素手で触らない方が良いようです。

次はゴム手袋が必要かも。

かき混ぜたモルタルの中に空きカップをねじ込みます。

モルタルの厚みは5mm以下になるとひび割れる可能性が高いので

5mm以上の厚さになるように調整します。

水を含んでいるので、予想外に結構浮力があります。
とりあえず一旦養生テープで押さえることにしました。
ここまで作業は約15分程度。
乾燥に入ります。

「あとは待つだけ・・・」

と油断していたら、空きカップは軽いためコンクリート(の中の水分)
の浮力に勝てず、少し浮いてきていました。

とりあえずビンを重しの代わりとして応急処置。

このまま1~2日間乾燥させます。

次は

型枠外す⇒植物を植える

の工程に移りたいと思います。

アイテムを使い始めた日 2015年 4月

紘永CMC モルタル 植木鉢 小物・雑貨のハンドメイド

寸法:
幅70mm × 奥行70mm × 高さ78mm

イエナカスタッフ さん

2015.5.1

続編が楽しみです!ちなみに撹拌後の硬さのイメージはどのくらいでしたか??

武富 さん

2015.5.4

攪拌後の硬さの感触は、お好み焼きのタネをかき混ぜている時の感覚にかなり近かったです。
ですが、少し柔らかめになっても固まるようです。

2015年 4月 1日

小物・雑貨の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け