この記事の続き1/3

玩具の記事

レイコさん

記事数 117 参考になった 207

ままごとキッチン

全 3 話
5年0ヶ月使用中
リビングにあるアイテム
  • ままごとキッチン
  • ソファ
  • 古建具
  • 玩具
  • シェード
  • デスク
  • リビングテーブル
  • ダイニングテーブル
  • 小物・雑貨
  • サンダー
  • ままごとキッチン
  • 丸のこ

第 1 話

last update : 2016.10.15 DIY
第 1 話

2代目ままごとキッチンの作り方(その1・設計~材料購入)

普通

初代ままごとキッチンが、想定外の遊ばれ方をしている…
というのも、娘は、「ままごとキッチン」という名前に相応しい遊び方(思惑通りの遊び方)をしているものの、
息子は、ままごとキッチンの上に載って遊んだり、ままごとキッチンの扉を踏み台代わりに使ったり…
と想像以上の遊び方でままごとキッチンを堪能している。
当然こんな過酷な使われ方は想定していなかった(対男児用にはこのぐらいのことは想定していなければならなかったのかもしれないが…)ので、初代ままごとキッチンは、かなりガタがきている(歪みが生じている)。
とはいうものの、ままごとキッチン自体は良く遊んでくれているので、
修理してこのまま使うか、新たに作り直すか、という選択肢がある中、
根本的に、もっとしっかりした構造のものを作ろうと思い、2代目を製作することに決めた。

初代のままごとキッチンは、インターネットから設計図を拝借して、
基本的には他人が設計したものをそのまま使って製作をしたものだが、
2代目は、一から自分で設計し、製作しようと思う。

以下その作り方。

先ずは、構造的にしっかりしたもの(子供が載って飛び跳ねても大丈夫な構造のもの)を作るため、
構造材と仕上材とを別々にすることにした。
初代は、仕上材が構造材を兼ねており、その材は厚さ24mmの杉板だった。
2代目は、構造材は桧の角材(45mm角程度)を使用し、仕上材は初代と同じ24mm厚の杉板を使用しようと考えている。
ただし、□45mmの桧材が近所のホームセンターで手に入らなかった場合のことも考え、
構造材に□45mmの桧材を使用する場合と、
40×85mmの桧材(ツーバイフォーサイズに加工された桧材)を使用する場合の、
2通りの図面を書いて、必要な材料の量(寸法)を算出し、ホームセンターに向かった。
なお、ままごとキッチンのサイズ的には、子供の成長と設置する場所を考慮して、
横にも縦にも、初代より一回り大きいサイズになるよう設計した。
ちなみに、外郭寸法で、幅は948mm、天板上端までの高さは600mm、最上部までの高さは1,104mm、奥行きは528mmの予定である。

で、実際に購入した材料は、
躯体を構成する40×85の桧材(構造材)と壁・床・天板に使用する厚さ24㎜の杉材(仕上材)。
長さはいずれも、自家用車で運搬可能なサイズである2mのものを購入。
これらの材を必要寸法に切り出していくのだが、必要数量を算出する際には、
切り出した際に半端に残ってしまう材の分も含んで考えておかないと、材料が不足することになりかねない。
例えば、今回購入した40mm×85mm×2mの桧材で考えると、60cmの長さのものが10本必要だとすれば、
単純計算だと、6m分の長さ(つまり、2mの桧材3本)があれば足りる。
しかし、実際購入した桧材は2m毎の長さに切られたものなので、1本から60cmの材は3本しか取れない。
したがって、少なくとも2mの材であれば4本は無いと、60cmの長さの材10本は切り出せないことになる。
実際には、異なる長さのものが複数必要になるので、なるべく無駄が出ないような組み合わせを考えて、
2mの長さの材を有効利用することになる。
また、更に厳密な話をすれば、材を切断する際に、数ミリの鋸の幅分削られるので、
2mの材を半分に切ったとしても、1m×2本とはならず、例えば999mm×2本というようになってしまうので、
そういった目減りする数量も考慮しておく必要がある。

構造材とする桧材。プレナー仕上げされているので、仕上げ材に使っても問題ない。
必要な数量は、設計上は、長さ1,000mm×2本、900mm×1本、820mm×4本、600mm×2本、520mm×3本、310mm×8本である。
したがって、うまくすれば、2mの長さの材が6本あれば足りる。
今日は余裕を見て、というのと、40mm×85mm×2mの桧材は他にも使い道があるので、8本購入した。

仕上材とする杉材。
サイズは、幅240mm×厚さ24mm×長さ2m。
こちらはプレナー仕上げされていないので、表面を滑らかにする必要がある。
必要数量は、長さ1,104mm×2、948mm×2、900mm×2、820×2、600mm×9に加え、
現時点で未確定な扉や棚板に使用するものも必要になるため、取り敢えず今日は8枚を購入した。

アイテムを使い始めた日 2016年 8月

ままごとキッチン 作り方 DIY 木製 玩具のDIY

2016年 8月 1日

玩具の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け