床材の記事

しままさん

記事数 21 参考になった 28

ニッシンイクスの床材

全 1 話
8年9ヶ月使用中
LIVINGにあるアイテム
  • 床材
  • ソファ
  • アート
  • ソファ
  • リビングテーブル
  • 壁材
  • TVボード
  • 観葉植物
  • 造付け棚

全 1 話

last update : 2016.3.20 施工

ヘリンボーン張りを無垢フローリングで

うれしい

LDKの床はナラの無垢フローリング(無塗装)です。
グレードはラスティックグレード。無垢材の中では、一番、節やムラが多く出る古木風の味があるタイプを使用しました。

素材ももちろんですが、ポイントはこの『張り方』!ヘリンボーン張りというものです。

リノベーションでどうしても、無垢フローリングのヘリンボーン張りがしたいと思っていました。(きっかけは覚えていませんが…。恐らく何かで見たんだと思います。)

ヘリンボーンとは「ニシン(herring)の骨(bone)」という意味だとか。
日本では杉の葉に似ていることから、「杉綾」や「綾杉」と言ったりするそうです。

最近、目にすることも多いヘリンボーン張りですが、我が家はちょっとこだわりました。

一般的には、ヘリンボーンの頂点を壁面に対して垂直になるように組んでいきますが、我が家はリビングの角と頂点を揃えました。(※画像参照。)

フローリングの長手方向と壁面が水平に揃っているのですっきり見えます。(元はもう少し薄い色だったのですが、完成後に蜜蝋ワックスを塗ったので色がやや濃くなっています。)

家を訪れる友人たちにも好評です。

インパクトのあるヘリンボーン張り。ラスティックグレードという均一ではない、ラフなグレードのものを使用したことにより、ヘリンボーン張りが際立ったように思います。(模様がよくわかるように思います。)

近くで見るとこんな感じです。木目も色合いも、節の入り方も様々。

よく見るヘリンボーン張りは、ヘリンボーンの頂点(>←この部分)を壁面に対して垂直になるように組んでいます。模様は横に移動していく感じです。

こちらが我が家の張り方。リビングの角と頂点をそろえました。模様が斜めに走っています。

アイテムを使い始めた日 2013年 3月

無垢 フローリング ヘリンボーン張り 寄木張り ナラ ラスティックグレード ニッシンイクスの床材 床材の施工

ブランド:
ニッシンイクス
品名:
ナラヘリンボーン 無塗装品
寸法:
幅57mm × 奥行456mm × 高さ18mm
施工・購入:
NISSIN EX.
関連サイト:
http://www.nissin-ex.co.jp/products/flooring/herringbone/herringbone-regular/nara-herringbone.html
2013年 3月 1日

ニッシンイクス(NISSIN EX)

床材の記事

公式Facebookページ いいね!で最新情報をお届け